(2075) 「野村證券第二事業法人部」・・・

 

 

 

 

 

ノルマ証券と揶揄されてきた野村證券。

 

 

それほど、ノルマ達成に厳しかってという話だ。

 

 

それにしても、これからやることは証券会社の

腹を割った内情も知っておかなければならない。

 

 

と思って、この本を買った。

 

 

いま、ほんの数ページを読み始めたところだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2074) 仮説→行動→検証→改善・・・

目的とすることをかなえるためには、ぼくは、いつも、

「仮説➡行動➡検証➡改善」というサイクルで考える。

 

 

特に、まずは、仮説をあらゆる角度で考えなければ

ならない。

 

 

時として、思わぬ事が起きるがしかし、起きうることは

すべて考える。

 

 

そして、何はともあれ、行動を起こす事が重要だ。

 

 

必然的にいろいろなリアクションが起きてくる。

 

 

ここで重要なことは、潜在化している問題点を顕在化

することだ。

 

 

無難にやり過ごしてはいけない。

 

 

そして、それぞれの事象に対して、着実な改善策を講じる。

 

 

さらにステップアップした、次の段階の「仮説➡行動➡

検証➡改善」のサイクルに向かう。

 

 

もちろん、今やろうとしている事業では、このサイクルが

十二分に役立っている・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2073) 税別という価格表示について・・・

価格の消費税表示で税別で表示するケースが多い。

 

 

商品の供給過剰により、インフレ対策による少しでも、

安く見られて、少しでも多く買ってもらう工夫なので

あろか。

 

 

しかしながら、消費者にとっては極めて迷惑な話で

紛らわしい。

 

 

出来うる限り、節約してお金が掛からないように生活

している消費者には、支払金額が計算しにくい。

 

 

姑息なやり方だ。

 

 

税込と税別の二つの表示をしているケースも見受けられるが、

しかし、そんな面倒な、そしてコストの掛かることをやめて

税込み価格1本で表示すべきだ。

 

 

なかには、良心的に税込み価格一本で表示しているスーパー

もあるのに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2072) シクラメンの次はクリスマスローズ・・・

 

 

 

 

半年近くも咲き続けてくれていたシクラメンも、

もう疲れてきただろう。

 

 

そろそろ休んでもらった方がいい。

 

 

次なる白い花はと思っていたら、クリスマスローズの

ことが読売新聞に掲載されていた。

 

 

春を待ちわびる花だそうだ。

 

 

色が地味で、花がうつむき加減など、日本人好みだそうだ。

 

 

奥ゆかしくて、気品のある花なのだ。

 

 

今まで手に入れたことはなかったが、しかし、まさに、

ぼく好みの花だと分かった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 趣味 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2071) まさかの東芝・・・

事実上債務超過になってしまった東芝。

 

 

普通の会社ならば倒産ということだろう。

 

 

ぼくの幼少の頃から東芝と言えばNO1だという

印象が強かった。

 

 

しかしながら、140年という栄華の社歴にぶら

下がってしまったのだろう。

 

 

過去の栄光から抜き出ることが出来なかった。

 

 

このパターンはなにも東芝だけではない。

 

 

これからが、このパターンで行き詰まる会社が

増える序曲にすぎないとぼくは思っている・・・。

 

 

 

 

 

| つぶやき | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2069) 「アンリー・マティス」・・・

 

 

 

 

アンリーマティスは、もちろん知っていた。

 

 

しかし、面白い絵を描く画家だとしか知識がなかった。

 

 

印象には残るものの、もう一つ興味がなかった。

 

 

このフランスの印象派の画家マティスには、歳を重ねるに

したがって興味が増してきた。

 

 

ぼくは、どうしても印象派の絵画に目が向いてしまう。

 

 

ミラノよりかパリのモンマルトルあたりをさまよいながら、

まっとりとして、美術館をめぐり、印象派の絵画を見ながら

過ごす数か月の長期滞在が夢だ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 趣味 | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2070) 白ワインとカレイの煮付け・・・

 

 

 

 

ワインの赤は肉料理、白は魚料理に合うと

言われてきた。

 

 

そして、焼き魚もいいけれど、煮付けの魚

と一緒に、白ワインをよく飲むようになっ

てきた。

 

 

すでに料理された煮魚は、先日のブログで

紹介した微笑みの素敵なお姉さんのいる店

から買ってくる。

 

 

このカレイの煮付けも味わい深くうまかった。

 

 

味が淡白なだけに辛口の白にはぴったりだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2068) チャトチャック・ウイークエンドマーケット・・・

チャトーチャックウイークエンドマーケット

 

 

 

バンコクで週末に開かれるこのマーケットは15000以上

の店舗が立ち並ぶという。

 

 

売られていないモノはないと言われている。

 

 

そういえば、バンコクに在住する前には良く行った

ものだった。

 

 

そうはいうのものの、住み始めてからは、ほとんど

行くことがなかった。

 

 

 

タイ国政府観光庁のツイッターのこの画像を見て、

チャトーチャックに何回も訪れたことを思い出した。

 

 

どこの国に行っても、市場を訪れることが面白い。

 

 

特に、歴史の民族、風俗、慣習を感じる骨董市には一段と

興味を興味をそそられる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 06:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2067) 「ほとばしる」ような微笑み・・・

あるショッピングモールの中に魚屋さんがある。

 

 

それこそ、今まで食べたことのないようないろいろの

種類の魚が売られている。

 

 

しかも、安くてありがたい。

 

 

その店に、ある30歳前後女性の微笑みに感激してしまった。

 

 

タイも“微笑みの国”と言われているくらいに、特に、

女性の微笑みが素敵だ。

 

 

タイの微笑みには慣れているのだが、日本でもタイ以上

の微笑みに会うと思わなかった。

 

 

しかし、日本の場合は“軽く見られたくない”という

理由なのだろうか、一般的に女性の顔が固い。

 

 

どうせなら、にこやかな顔をしていた方が、お互いに

気持ちよく一日を過ごせられるだろうと思うのだが。

 

 

この魚屋さんのこの女性は、ほとばしるような、心から

あふれるような笑顔を見せて対応してくれる。

 

 

この魚屋さんに行くたびに、なんとなく心地よい気分

で買い物が出来て楽しくなる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2066) 白ワインと塩辛・・・

 

 

 

 

おいしい塩辛はなかなか少ない。

 

 

 

そして、以外と、白ワインと相性がいいのだ。

 

 

 

むしろ、日本酒よりかいいかもしれない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

| グルメ | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
ジパング・イズム

ジパング・イズム
アマゾン
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM