(2139) 硫黄島東温泉・・・

 

 

 

 

 

硫黄島に行くには、鹿児島から飛行機で行くよりか、船で

行く方が良いだろう。

 

 

船は、鹿児島から2〜3日おきに就航しているという。

 

 

時間にして4時間。

 

 

鹿児島空港からはセスナ機も定期運行しているという。

 

 

島の住民は114人。

 

 

まさに南海の孤島という雰囲気だ。

 

 

それにしても、こんな不便な地にある南海の荒海に面した

露天風呂に、機会をつくってぜひとも訪れてみたいものだ・・・。

 

 

 

 

 

 

| 癒やし | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2138) あかね雲・・・

 

 

 

 

今年ももう夏至になってしまった。

 

 

部屋から見える公園の彼方の上空の茜色の雲。

 

 

いかにも夏が近づいていることを予感させる雲の動きだ。

 

 

そして、鳥の群れが家に帰っていく。

 

 

何ら変わりのない、昔から繰り返された風景だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2137) 旅の終わりに、熊野詣はじめての「ごりやく」?・・・

 

 

 

 

熊野三山参拝の最後の日は、川湯温泉「みどりや」に宿泊した。

 

 

帰る日の早朝に、この旅館の大きな特徴である川原に掘られた

露天風呂に入りながら、昨夜の幻想を思い出していた。

 

 

 

 

昨夜は、この露天風呂にメガネをかけないまま入ったとき、暗かった

から横の人が誰だかよく分からなく座った。

 

 

そして、何気なくよく見ると、横には白人の20代の女性が足だけ

風呂に入れて座っていたので驚いてしまった。

 

 

彼女はあまりタオルで隠そうともしなくて大胆に座っていた。

 

 

正直、ボクは目のやりどころに困ってしまった。

 

 

彼女の前にはボーイフレンドが湯船に入っていた。

 

 

このようなシチュエーションの場合は、ジョーク交じりの会話に限る。

 

 

彼らはオランダから来た学生で、もう、数週間日本中を回っているという。

 

 

そして、年上の彼女が26歳、彼は25歳と言っていた。

 

 

ボクが、フランスのマクロン大統領夫婦と同じじゃないかとジョークまじえて

言うといちどう大笑い。

 

 

ボクの前にも、夫が湯船に入り、奥さんが湯船の淵で浴衣を着て座って

いる別のカップルがいた。

 

 

スイスから来た40代の夫婦だと言っていたが、しかし、奥さんも浴衣を、

脱いで露天風呂の中に入ってきた。

 

 

翌日、朝食の時には、その奥さんが微笑みを交えて挨拶をしてくれた。

 

 

煩悩を振り切っての、裸の国際交流、めったにない貴重な経験だった。

 

 

しかしながら、率直に言って愉しかった。

 

 

これも、熊野三山にお参りをしたが為の「ごりやく」だったのだろうか???。

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2136) 森羅万象のパワーをもらった・・・

 

 

 

 

もちろん、車に乗っている以外は古道を歩いた。

 

 

歩きに歩いた。

 

 

歩かないと、次のための「けじめ」が付かないと思った。

 

 

古道はよく整備されていたので、歩きやすかった。

 

 

途中、神々が宿っている樹齢数百年の大木からパワーを貰う

ことが出来た。

 

 

生まれて始めての経験だった。

 

 

その夜は、歩きすぎて、足がつって一時眠れなかった。

 

 

しかし、素晴らしい経験が出来た・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2135) 熊野晴景・・・

 

 

 

 

 

そう言えば、この那智神社は学生の頃に来たことを思い出した。

 

 

もう、夕方にさしかかっていた頃に、二度目の那智神社についた。

 

 

素晴らしく晴れていた。

 

 

ハゲのM君が、はるか彼方の那智の滝を遠望している。

 

 

ここから更に上に登っていくと、那智の滝から引いた水を飲む

ことが出来た。

 

 

うまかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2134) 圧倒的に迫ってくる熊野三山・・・

 

 

 

 

とうとう、熊野三山への参拝が実現できた。

 

 

思えば、熊野詣でに行ってみたいという想いは、バンコク在住中の

5〜6年前から考えていたのだろう。

 

 

一つの区切りをつけたかった。

 

 

けがれを落とし、煩悩に左右されない、これからの人生のためにリセット

したほうが良いと思っていた。

 

 

急遽、Mくんも一緒に行くことになって、彼の車で東京を出て、熊野古道の

一部を踏破し参拝して、千葉まで送って貰った。

 

 

おかげで、新幹線で行く予定だった日程を、大分短縮できた。

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2133) 一夫多妻制・・・

夫婦の関係において、現代の一夫一妻制の歴史は、一夫

多妻制に比べて圧倒的に短いそうだ。

 

 

生態的には一夫多妻制が自然なのだというのだ。

 

 

そう言われると、なるほどそうだろうと思う事も多い。

 

 

現代の一夫一妻制に、そのひずみが出ているという。

 

 

夫婦の会話不足による不仲がどうもそうらしい???。

 

| つぶやき | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2132) 焼き「ウチムラサキ貝」と白ワイン・・・

 

 

 

 

いつものアリオの魚屋さんに久しぶりに行った。

 

 

笑顔の素敵なA子さんが、今日は元気にレジに立っていた。

 

 

彼女から「ウチムラサキ貝」を進められた。

 

 

初めて聞く、見たことも食べたこともない貝だ。

 

 

焼き貝にすると美味しいという。

 

 

美人の彼女から微笑みを交えて進められると、つい買い

たくなってしまう。

 

 

それ以前に、貝が好きだし、食べたことのない貝に

好奇心もそそられる。

 

 

味噌汁に入れてもうまそうだ。

 

 

それにしても、白ワインとの相性もよさそうだ。

 

 

夕食に、焼き貝、そして「ウチムラサキ貝」を入れた

味噌汁は申し分なくうまかった。

 

 

やっぱり、日本に帰ってきて良かった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| グルメ | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2131) 断食道場・・・

今まで断食だなんて、何の意味があるだろうかと思っていた。

 

 

断食は、ただ宗教的な行事だと思っていた。

 

 

しかし、最近の雑誌や報道を見るに付け、いろいろな病気が

治ったという話を聞くことが多くなった。

 

 

病気を持っていなくても、老化防止などをはじめ、体の細胞

が再活性化されるという。

 

 

本当だろうかと思いつつ、昨日、実際に成田山の新勝寺で

断食を過去に経験した人から話をを聞くことが出来た。

 

 

彼が言う事は、断食を始めてから幾日かした後、尿が茶色く

なってきて、その後、透明な色のなったという。

 

 

体の不純物が出ているという感じだったらしい。

 

 

断食が終わったあとは、肌が見違えるほどすべすべしてきた。

 

 

内臓も肌と同じように、要らないものが取り除かれたという

実感を得たという。

 

 

淡路島の公的断食施設の「五色県民健康村健康道場」は、医者

がいて安心して断食ができるという・・・。

 

 

 

 

 

 

| Health | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2132) 「おごる平家は久しからず」・・・

好調のときこそ、即ち、体力があるうちに、次の成長戦略を

考えるべきだ。

 

 

とはいっても、好調のときはなんら努力しなくても、利益が

十分出ているのだから、それで満足してしまうのだろう。

 

 

親父の会社がまさに、その諺どおりになって会社を潰した。

 

 

しかしながら、親父の中小企業に限らず、上場企業でさえ、

「おごる平家は久しからず」に陥っているところが最近、

目立って顕在化してきた。

 

 

人間も同様に、今のままでいいという事はない。

 

 

何らかの新しい発想を考えて、少しでも前に進めたいものだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
ジパング・イズム

ジパング・イズム
アマゾン
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM