(2027) 「接客六割 技術四割」・・・

正月を前に、柏駅近くの千円理容店に行ってきた。

 

 

頭を洗ってもらわなくてもいい。

 

 

顔を剃ってもらわなくてもいい。

 

 

どうせ、今夜には風呂で頭を洗い、電気カミソリでひげを剃る

からカットだけで十分だ。

 

 

1000円理容店は極めて合理的だと思っている。

 

 

理容師が言う、この店のモットーは「接客六割 技術四割」だという。

 

 

たしかにこの理容店は接客態度がいい。

 

 

あらゆる業種で言えることは、儲かっている店は接客態度がいいと

いう点で共通している。

 

 

この店、理容師が三人しかいないのに、売上は年間2億以上も稼ぐと

いうから驚きだ・・・。

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2026) 白いシクラメン・・・

 

 

 

 

白い花の植物に愛しいさを感じる。

 

 

どうしてこれまでに白い花が好きなのだろうか。

 

 

いろとりどりのあでやかな色のそろっているシクラメン

のなかでも、またしても白のシクラメンを選んで買ってきた。

 

 

みずみずしい清廉な白いシクラメンを見ていると、

気分までも清々しくなってくる。

 

 

シクラメンは窓辺に置いて下さいと花屋から言われた。

 

 

うまく管理すれば来年の4月頃まで咲くという・・・。

 

 

 

| つぶやき | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2025)'17ミシュランガイド上野・浅草・日暮里・北千住・・・

 

 

 

2017年版ミシュランガイド東京が発表された。

 

 

ミシュランガイドで評価された店には、いまだ訪れた

事がない。

 

 

世間で騒がれているほどうまいのか。

 

 

とりもなおさず、ぼくが住んでいる常磐線沿いのミシュラン

発表の店の中で、一度は行ってみたい店をまとめてみた。

 

 

🌟🌟🌟➡どうしても行ってみたい店

🌟🌟➡出来たら行ってみたい店

🌟➡行くか行かないか分からない店

 

 

 

 

🌟とんかつ「すぎ田」浅草

 

🌟🌟🌟ラーメン「トイ・ボックス」日暮里

 

🌟🌟すき焼き「ちんや」浅草

 

🌟🌟寿司「一新」浅草

 

🌟🌟🌟うなぎ「色川」浅草

 

🌟焼き鳥「鳥恵」御徒町

 

🌟🌟🌟洋食「ポン多本家」御徒町

 

🌟焼き鳥「トリビアン」浅草

 

🌟とんかつ「とん八亭」上野

 

🌟🌟🌟おでん「大多福」浅草

 

🌟🌟🌟焼き鳥「バードコート」北千住

 

🌟🌟🌟居酒屋「凛」北千住

 

🌟うなぎ「尾花」南千住

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| グルメ | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2024) やっぱり伊豆の西海岸の旅館がいい・・・

 

 

 

 

伊豆の西海岸の堂ヶ島の岬からの眺望は、日本の夕陽

百選の一つだという。

 

 

むせかえるようなあかね色に染まった旅館からの眺望だ。

 

 

それにしても、この旅館は好立地で、岬の先にある。

 

 

決して高級旅館ではないが、絶景を見ながらの露天風呂

は目をみはる光景だ。

 

 

もはや、優先順序の一番は料理よりか、むしろ、海の

見える、そして、夕焼けの素晴らしい露天風呂のある

旅館を選びたい。

 

 

露天風呂は屋根がなくて、あくまでもオープンスカイで

なければならない。

 

 

欲を言えば、吸い込まれるような星空が、遙か上空に

見えた方がもっといい。

 

 

高級旅館はどこも個性がなくなって、とおり一辺倒で

おもしろみなくなってきた。

 

 

 

しかし、この旅館のこの夕焼け、男一人で行くには、

あまりにも寂しすぎる・・・。

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2023) 葉ボタン・・・

 

 

 

正月が近づいてくると花屋の店頭に葉ボタンが

並べられる。

 

 

今までの葉ボタンは全く興味がなかった。

 

 

しかしながら、こんなに楽しい 配色の葉ボタンが

あるとは知らなかった。

 

 

濃い紫系統の色のバリュエイションがおもしろい。

 

 

そんなファンタスティックな葉ボタンだったので、

つい買ってきてしまった。

 

 

葉ボタンを買うのは初めてだが・・・。

 

 

 

それにしても、目の前の公園の黄金色に輝いていた

イチョウの木も既に落葉してしまった・・・。

 

 

 

 

 

| つぶやき | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2022) 熊野古道大門坂の杉・・・

 

 

 

日経プラス1の土曜日に「冬の訪れを感じる並木道を

歩こう」が特集として掲載されていた。

 

 

NO1はやはり、神宮外苑のイチョウ並木だった。

 

 

学生時代のクラブ活動でのジョギングで、散々、通りすぎた

並木道として記憶が蘇ってきた。

 

 

しかしながら、今年行ってみたかった“熊野古道大門坂

の杉並木”にどうしても目が注がれた。

 

 

今年は多分行けないかもしれないが、この神々しい、

そしてミステリアスな熊野古道は、どうしても、行かな

ければ、次のステップに進めない句読点なのだ。

 

 

それに、“石段オタク”向きの並木道がいい。

 

 

「歴史に思いをはせながら歩くといい」と書いてあったが

まさに、それがいいと思う・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2021) 白ワインとアンチョビ・・・

 

 

 

 

バカラやノリタケなどの高価なグラスを全部誤って割って

しまった。

 

 

結構厚さもあったのだが、割れるときは簡単に割れるものだ。

 

 

とりもなおさず、今度は薄いグラスを買ってみた。

 

 

昔よく使った電球の厚さだという。

 

 

資生堂のパーラーでも使っていると説明された。

 

 

薄いがうえに、丁寧に扱うことだろう。

 

 

ワイングラスがなくなってしまってので、この薄い

グラスで当分の間は間に合わせるつもりだ。

 

 

しかしながら、アンチョビと白ワインが、これほど

合うとは思わなかった・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| グルメ | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2019) 他愛もない出会い・・・

その白人は土日曜日に、交差点の歩道に、売り出し中の

住宅の場所を示す看板を持って座っていた。

 

 

たまたま、エクササイズの為の自転車に乗って、その

交差点で、信号待ちをしている時に英語で声をかけられた。

 

 

「マウンテンバイクか」と。

 

 

ぼくは「エクササイズの為だ」と答えた。

 

 

彼は「私もだ」と言った、どうも、マウンテンバイクを

持っているようだった。

 

 

そこで、初対面の外人との定番のいつもの挨拶がわりに、

「where are you from」と聞いた。

 

 

彼はカナダから来たと答えた。

 

 

バンクーバーかと聞いたら、トロントから来たという。

 

 

信号が変わって、ぼくはバイバイと言って走り出したら、

「see you again」と言われた。

 

 

翌週の日曜日に、その交差点を通ると、彼がやはり同じ

場所に同じ看板を持って座っていた。

 

 

その看板の住宅は、まだ売れていないようだった。

 

 

「Hello」と挨拶すると、彼は「How are you」と言い

返してきた。

 

 

途中で上手な日本語で話してきた、このアルバイトを

三カ月続けているそうだ。

 

 

カナダ人は来週もまた、同じ場所に座って、同じ看板

を持っているのだろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| つぶやき | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2017) 冒険、秘境という言葉に魅せられて・・・

 

 

 

 

しかしながら、冒険とか秘境という言葉を見かけると、

どうしても心が踊り騒いでくる。

 

 

「SINRA」11月号に「再生する秘境」という特集で出版

されていることをTwitterで知った。

 

 

また、「Coyote」という雑誌があることも知った。

 

 

「冒険へのレッスン」だと表紙に載っている。

 

 

秘境、冒険、探検という言葉に、限りなく好奇心を

そそられて、雑誌を買ってしまった。

 

 

しかし、日本にも既に秘境などというものは存在しないと、

雑誌を見てから、いつもがっかりさせられる。

 

 

それでも、気を取り直して、あえて取りざたすると、

離島の船着場に、限りない哀愁を持っていることに気付く。

 

 

 

 

 

| つぶやき | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

(2020) 青山ジャズ・イニシアティブ2016・・・

 

 

 

「青山ジャズ・イニシアティブ 2016」が今年も開かれた。

 

 

 青山学院大学構内の黄金色に輝くイチョウ並木道の横に

あるガウチャー祈念礼拝堂に行ってきた。

 

 

昨年もそうであったが、今年も公演の前に学生食堂で、

学生に混じって「青山物語」という定食を食べた。

 

 

昨年、このコンサートで知り合った、ジャズバンドで

ベースを弾いているというYさんに、代官山のジャズバー

「LEZARD」を教えて貰った。

 

 

ぼくより年配ではあるが、しかし、彼を見ているとジャズで

人生をおおいに楽しんでいるようだ。

 

 

ジャズという音楽には、今まで縁もなく興味もなかったが、

しかし、小説に出てきた「スイング・スイング・スイング」

を聞いてからCDを買ってジャズに興味を持ち始めた。

 

 

最近はジャズのCDをだいぶ集めている。

 

 

それにしても、帰り際、ぼくの学生時代だった面影を全く

残していない夕方の青山通りを歩くのも、たまにはいいものだ・・・。

 

 

 

定食「青山物語」油淋鶏&響杏仁豆腐500円

 

 

 

 

| つぶやき | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
ジパング・イズム

ジパング・イズム
アマゾン
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM